秋田県能代市で仏壇・仏具の販売をさせていただいてます。
少しでも多くの方のお役に立つことができればと考えていますので、お気軽にご相談ください。
 
<< 信仰とはいったいどういう事なのか。 | main |
各種リン、色々。

皆様ご無沙汰しております。

 

7月に入り、夏の暑さがいよいよ本格的になってきた今日この頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

今日は仏様に手を合わせる際に欠かすことの出来ない仏具、

「リン」をご紹介したいと思います。

※鈴や錀とも表記されることもあり、

寺院用のものは磬子(けいす)とも呼ばれます。

 

 

「リン」には色々な形があり、

材質や大きさによって音色も一つ一つ違います。

 

仏壇屋で働くうちに「面白いなぁ」と思うようになり、

これまで少しづつ色んなリンを集めてきました。

 

その結果、ふと気づいたら20種類以上のリンが、

当店に集まっていましたので、

今回はちょっとご紹介出来ましたらと思います。

 

 

まずは昔ながらのリンがこちら。

 

 

こちらはよく見かけるとても一般的なリン、

「唐用リン」。

 

ゴツゴツとした形で、

重厚感がありますね。

 

 

そして私たちの業界では珍しい程の大ヒット商品となった

「たまゆらリン」

 

 

 

こちらは見た目も綺麗なんですが、

何といっても音色が素晴らしいです。

 

 

手前のシルバーの物は特に良い音色ですので、

機会がありましたら是非一度お聞きになってみてください。

 

 

他にも様々な形のリンがあります。

 

 

 

 

 

 

 

そして小さいながら、

この二つのリン、

スゴイです。

 

 

上段

二方(ふたかた)リン2.5寸セット

 

下段

大幽(たいゆう)リン2.5寸セット

 

どちらも職人が丹精を込めて仕上げたもので、

純金製等のモノをのぞけば、

リンとしては最高峰の逸品です。

 

 

 

 

当店のラインナップです。

 

価格帯は6,000円位から200,000円位の物まで取り揃えております。

 

最初にも書きましたが、

リンは仏様に手を合わせる際には欠かすことの出来ない大切な仏具です。

 

気に入った色や形、

音色の物であれば、

より大切に、

そして気持ちを込めてお使いいただけると思います。

 

機会がありましたら、

そのようなリンを是非、

お探しに来てみてください。

【2017.07.10 Monday 17:41】 author : 阿部仏壇店 能代店
| 仏具の紹介 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://abeshonoshiro.jugem.jp/trackback/162
トラックバック