秋田県能代市で仏壇・仏具の販売をさせていただいてます。
少しでも多くの方のお役に立つことができればと考えていますので、お気軽にご相談ください。
 
<< はなまつり法要に参加して。 | main | 各種リン、色々。 >>
信仰とはいったいどういう事なのか。

能代市内の桜も見頃を迎えたのに、

雨と寒さで花見気分を少しだけそがれてしまっているような今日この頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さてさて今回は仏壇屋らしく、

日本人なら誰でも一度は聞いたことがある、

「信仰」という言葉についてです。

 

少し長くなってしまいましたので、

お時間のある時にお読みください。

 

 

いきなりですが「信仰」という言葉について、

皆さんはどういうイメージを持っていますか?

 

 

私の場合ですと、

仏壇店で働くまでは「とても宗教チックな言葉」で、

熱心な仏教徒というわけではない自分にはあまり関係の無い言葉だろうなぁ、

みたいな感じでした。

 

 

でもですね、

仏壇店で働き始めて、

色々な経験をしていく中で考えが少し変わりまして、

信仰とは「自分が信じて生きていくもの」という、

宗教的と言うよりは哲学的な事なのではないかと、

そんな風に感じるようになりました。

 

 

何を信仰しているのですか?

という問いかけは、

何を信じて生きているのですか?

という事と同じ意味ではないかと。

 

 

ここで仏教に例えてみたいと思いますが、

曹洞宗という宗派では皆さんが良く知る「お釈迦さま」をご本尊として信仰しています。

 

私流の言い方となりますが、

「お釈迦さま」は世の中の事も良く知っていて、

人として非の打ち所の無いような方で、

曹洞宗を信仰している方々は、

そんな立派な「お釈迦さま」を信じて生きている

というような感じに言えると思います。

 

 

 

そしてまた真宗大谷派という宗派では、

「阿弥陀さま」をご本尊として信仰しております。

 

「阿弥陀さま」はどのような方も余すことなく救ってくださる仏様で、

いわゆる「他力本願」という言葉で表される通り、

「阿弥陀さま」を信じて精進していれば必ず救われる(私流にいえば幸せになる)、

という感じに言えるのではないかと思います。

 

※ここは本当に私の未熟な理解度での説明であり、

多分に言葉が足りなかったり、あるいは間違っていたりもするかと思いますので、

詳しくは菩提寺、もしくはお知り合いの住職さんにお尋ねしてください(^-^;

 

 

さて、ここでちょっと考えてもらいたいのですが、

自分は何を信じて生きているのか、

という事です。

 

 

例えば何も信じるものが無い、

という人は自分の目指すゴールが無いのと同じで、

目の前の事に終われ、

ただただ毎日を無意味にすごすことになるような気がします。

 

 

また例えば「自分や自分の家族が幸せになる事を信じて生きている」、

という人は目の前の物事に対して真剣に向き合い、

毎日を一生懸命に過ごす事に繋がると思います。

 

ですが何が幸せなのかを間違ってしまうと、

中々苦しい生き方になってしまう場合も考えられます。

 

例えば子どもが立派な大学に入らなければ絶対に不幸になる、

例えば贅沢な暮らしが幸せと思うあまりにお金だけに執着した考えになる、等々。

 

 

不幸になりたい人なんて基本的にはいないでしょうし、

お金を否定するものでもありませんが、

何を信じて生きていくかによって、

人生はとても大きく変わると思います。

 

 

自分は信仰心が無い」という人でも、

幸せになりたくない」という人は少ないはずです。

 

 

なるべくなら「幸せに生きていく」ためにも、

何も信じるものがないという人は、

信じられるものを探し、

自分の心の中に持って頂けたら幸いです。

 

 

私も私の信じるものをこれからも大切にして、

今後も精進を続けてまいりたいと思います(^^)

 

 

【2017.04.26 Wednesday 22:54】 author : 阿部仏壇店 能代店
| 思ったこと | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://abeshonoshiro.jugem.jp/trackback/161
トラックバック