秋田県能代市で仏壇・仏具の販売をさせていただいてます。
少しでも多くの方のお役に立つことができればと考えていますので、お気軽にご相談ください。
 
<< 能代逸品会お店巡り「そうだ!西大通りへ行こう(^o^)/〜自慢の逸品紹介します〜」に参加して。 | main | 2015年、夏の阿部仏壇店。 >>
自暴自棄になる瞬間。
大分県で、4名の子どもが火事で亡くなり、その親が放火容疑で捕まった、という事件が起きました。

詳しい事は何もわかりませんし、事故の可能性も0ではありませんので、その親がどうこうと言うことではない、という事を前置きさせて下さい。

子どもが亡くなるという、とてもやるせない事件がニュースで流れる度に、その親の気持ちを考えたりすることがあります。

子どもが可愛くない親なんていないと思います。

きっと、事件になってしまった親も同じだと思います。

しかし、親も人間ですから、嫌な事が重なって自暴自棄になって、ほんの少しの間、後先の事を考えることができなくなってしまったんだと思います。

そして、後になって取り返しのつかないことをしてしまった、、、と、親はとても後悔しているんだと思います。





良いことばかりの人生なんてあるはずがありません。

誰だってむしゃくしゃする時があると思います。

そんな時につい自分の子どもに辛く当たってしまって、後で後悔する、なんていう事は誰にだってあるはずです。

その延長線上に、子どもが亡くなる、というやるせない事件があるんじゃないかと思うんです。

私たちは、親や先生など多くの人たちから教えられ、「やってはいけないこと」を頭では全て解っているはずなんです。

なのに、一瞬の気の迷いからその「やってはいけないこと」をやってしまうのだと思います。





頭で解っているだけでは足りないのではないかと、私は思います。

日ごろから命の大切さというものを感じる。

日ごろから家族の大切さというものを感じる。

常にそういったものの大切さを感じていることが出来ていれば、例えば一瞬の気の迷いがあったとしても、踏みとどまる事が出来るのではないかと思うのです。





私は仏壇屋として、ほんの少しだけでもそういったものの大切さを伝えていくことが出来るようになりたいと思います。

お仏壇はそういった、目には見えにくい、とても大切なものを感じさせてくれるものであると確信をしております。

自分を産んでくれた両親へ、自分の所に産まれてきてくれた子ども達へ、自分の両親を産んでくれた祖父母へ、その祖父母を産んでくれたご先祖様へ、感謝の気持ちを持って、お仏壇の前に座ってみてください。

お仏壇の前に座った時になんとなく、感じるものを大事にしてもらいたいのです。


そんな事を改めて思い、今後もお仏壇を扱う者として、精進を続けていこうと思います。



亡くなった四名の子ども達のご冥福を心よりお祈りいたします。合唱


 
【2015.07.06 Monday 14:04】 author : 阿部仏壇店 能代店
| 思ったこと | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://abeshonoshiro.jugem.jp/trackback/148
トラックバック