秋田県能代市で仏壇・仏具の販売をさせていただいてます。
少しでも多くの方のお役に立つことができればと考えていますので、お気軽にご相談ください。
 
悲しみと感謝。
こちらはお客様から聞いたお話です。

お世話になった人が亡くなった時、私達は悲しみを感じます。
その時に感じる悲しみとの心いうものは、感謝の心と通じる心のような気がします。

「あなたのお陰で私はとても助けられました。とてもありがたかったです。できればもっと生きていてもらい、恩返しをしたかった。お礼の言葉をかけたかった。たくさんお話をしたかった。」などと、とめどなく気持ちが溢れてくると思います。

感謝の心から生まれてくるこういう気持ちは、とてもきれいなものだと思います。

お世話になった人が亡くなって、はじめてそのように思う人も多いと思います。しかし、それもいいと思います。自分の感謝の心に気づいたのですから。

人からお世話になっていることに感謝する気持ちがあれば、きっと素晴らしい人間に成長できると思います。その気持ちをもって、あらためて自分自身を振り返れば、たった一人で生きてきたわけではないことを、強く実感することができると思います。

人が亡くなるという事はとても悲しい事ですが、自分自身を見つめなおす機会でもあると思います。そしてお仏壇の前に座ったときには、この感謝の気持ちを心に持って手を合わせてください。それだけで、心がすごく穏やかになりますから。
【2011.07.09 Saturday 10:40】 author : 阿部仏壇店 能代店
| お仏壇から伝わること | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
人間の重さ。
私は仕事柄、住職さんとお話をさせていただく機会がございます。
お仏壇についてお話を伺ったときに、その住職さんはこんなことをおっしゃいました。

「あまりご先祖様のことを意識していないと、何と言うか人間の存在が軽く感じてしまうんだよな。」

これは、自分が一人で生まれ一人で生きていると思って暮らしている人は、自分一人だけの命だと思って行動してしまい、時として短絡的な行動をとってしまう場合があると言うような事を、住職さんはおっしゃいました。

これはその通りだなと感じました。そう考えるならば、自分は両親のお陰で生まれてくることが出来たと、感謝して暮らしている人は、自分の命と合わせて3人分の命の重みを抱えて生きているという事になるのではないかと思います。そして両親にも親がいて、そのまた両親にも親がいてと、今の私がいるのはそのような人々(ご先祖様)のお陰だということを意識して暮らしている人は、さらに多くの命を抱えて毎日を暮らしていることになるのではないでしょうか。もう少し考えると、現在の自分は周囲の人たちのお陰で、今こうして暮らしていくことが出来ているんだ、と感じている人は、数え切れない程の命を抱えていることになるのではないでしょうか。

命という表現で正しいかどうかは分かりません。しかし、そのような気持ちを持った方というのは、自分はたくさんの人たちのお陰で生かされているんだ、という謙虚な心と感謝の気持ちを持ち、自分の周囲の人たちに対しても優しさを持って接することが出来る方だと思います。

私達は忙しい毎日を送っており、このようなことを意識する機会というものは滅多に無いことだと思います。しかし、お仏壇の前に座り、リンを鳴らし、心を落ち着けてご先祖様や仏様のことを思うと、このようなことに気づくというか、改めて気づかされるというか、素直にそのことが自分の中に入ってくると思います。

簡単なことではないと思いますが、このようなことを思い、暮らしていけるような人になれたら最高だと思います。

住職さんとのお話でこのようなことを考えさせられました。良いお話を聞かせてくださってありがとうございました。
【2011.06.23 Thursday 15:09】 author : 阿部仏壇店 能代店
| お仏壇から伝わること | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お仏壇から伝わること
お仏壇に向かい
手を合わせることで感じる生命と家族の大切さ。

私達のご先祖様が懸命に生きてこられたからこそ
今の自分が在るという感謝の心と謙虚な気持ち。

仏様やご先祖様が、いつも私たち家族を
あたたかく見守ってくださっているという安心感。

これらは私たちが前向きに生きていくうえで
非常に大切なものだと思います。

お仏壇はそのことを素直に感じさせてくれます。

日本人が古来より育んできた精神を
これからも大切にしていきましょう。
【2011.04.18 Monday 17:47】 author : 阿部仏壇店 能代店
| お仏壇から伝わること | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |